好きな仕事が出来るかで会社を選ぶべき


僕のこれまでの社会人経験を振り返って、改めて思うこととして

好きな仕事が出来るかで会社を選ぶべき

だと思っています。

仕事って考えてみるまでもなく、人生の大部分の時間をつぎ込んでいます。

それを好きでもないことを嫌々こなしていくというのは、本当に損だと思います。

好きなことを仕事にすることの一番のメリットは将来の不安が消えるということです。

好きでもないことをやっていると、やたらと将来の不安ばかりが頭をよぎるといいます。

集中していない証拠ですね。

好きなこと仕事でやってる人は将来の事なんてあまり頭をよぎらないと思います。

今の会社が潰れたら、その時は別の会社で、これまでやってきたことを続けて行く方法を模索すると思います。

やってる仕事が好きでないと、集中できないんですよね。

いろんな理由をつけて、気持ちを現在からそらそうとしてしまう。

良くないと思います。

若いときから、何が好きかを自問自答すること

大事なことは、若いときから自分が好きなこと、得意でないことを知っておくことだと思います。

得意でない、好きでないことを好きになる努力は、あまり実りの多いものだとは思いません。

営業が苦手な人が、飛び込み営業の仕事を選んで、苦手を克服することは凄い忍耐を必要とします。
もちろん、苦手を克服して、飛び込み営業が大好きになることが出来たら、幸せですが、そうならない場合も多いと思います。

人生は短いので、自分の好きなこと、得意なことをまずは、狙って行くということが大事だと思うのです。

人に優秀、無能の違いなんてそれほどないと思います。
好きなことをさせれば、誰だって優秀だし、嫌いなことを嫌々やらされたら、優秀な成果なんてあげれないと思います。

まずは、自分の好きなことを知ることからはじめてみませんか?

長くなりましたが、ひさしぶりに同窓会で昔の仲間に会い、余りにも老け込んでいる友達の姿を見て、自分自身の仕事に対する考えをまとめてみました。

自分の子供ももうすぐ小学校に入学しますが、子供が好きだと感じることを、出来るだけ敏感に感じ取ってあげて、気付かれないようにその環境を整えてあげることが、僕の現在の楽しみの一つになっています。